Observation of the scale of patchy stomatal behavior in leaves of Quercus crispula using Imaging-PAM chlorophyll fluorometers(イメージングクロロフィル蛍光測定装置を用いたミズナラの葉のパッチ機構開閉のスケールの観測)

Observation of the scale of patchy stomatal behavior in leaves of Quercus crispula using Imaging-PAM chlorophyll fluorometers(イメージングクロロフィル蛍光測定装置を用いたミズナラの葉のパッチ機構開閉のスケールの観測)

年度2011
業績番号2011624129
研究機関名森林総合研究所
タイトルObservation of the scale of patchy stomatal behavior in leaves of Quercus crispula using Imaging-PAM chlorophyll fluorometers(イメージングクロロフィル蛍光測定装置を用いたミズナラの葉のパッチ機構開閉のスケールの観測)
担当者森林総合研究所,気象環境研究領域,気象研究室,KAMAKURA Mai(鎌倉真衣 奈良女大)
KOSUGI Yoshiko(小杉緑子 京大)
TAKANASHI Satoru(高梨聡)
TOBITA Hiroyuki(飛田博順)
UEMURA Akira(上村章)
UTSUGI Hajime(宇都木玄)
講演要旨集タイトルAbstract of The 5th East Asian Federation of Ecology Societies International Congress 日本生態学会大会講演要旨集 (第59回)
講演要旨集記載ページP3-004A
発刊年月2012.3
業績種別学会講演
課題(1)E 森林への温暖化影響評価の高度化と適応及び緩和技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020139883
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat