チャバネアオカメムシとマルボシヒラタヤドリバエに対する季節性、密度、年変動を考慮した景観の効果

チャバネアオカメムシとマルボシヒラタヤドリバエに対する季節性、密度、年変動を考慮した景観の効果

年度2011
業績番号2011624264
研究機関名森林総合研究所
タイトルチャバネアオカメムシとマルボシヒラタヤドリバエに対する季節性、密度、年変動を考慮した景観の効果
担当者森林総合研究所,森林昆虫研究領域,昆虫生態研究室,滝久智
田渕研(東北農業研究センター)
飯島勇人(山梨県)
岡部貴美子
外山晶敏(果樹研究所)
講演要旨集タイトル第56回日本応用動物昆虫学会大会. 奈良.
発刊年月2012.3
業績種別学会講演
課題(1)G 森林の生物多様性の保全と評価・管理・利用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020140018
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat