Current status and future perspective for conservation of bears in Himalayan mountains-viewpoint from ecology and Veterinary(ヒマラヤ地域のクマ類の生息状況と保全の将来−生態学と獣医学の見地から−)

Current status and future perspective for conservation of bears in Himalayan mountains-viewpoint from ecology and Veterinary(ヒマラヤ地域のクマ類の生息状況と保全の将来−生態学と獣医学の見地から−)

年度2011
業績番号2011624285
研究機関名森林総合研究所
タイトルCurrent status and future perspective for conservation of bears in Himalayan mountains-viewpoint from ecology and Veterinary(ヒマラヤ地域のクマ類の生息状況と保全の将来−生態学と獣医学の見地から−)
担当者森林総合研究所,野生動物研究領域,鳥獣生態研究室,Tsubota Toshio(坪田敏男)(北海道大学)
Oi Toru(大井徹)
Yamazaki Koji(山崎晃司)(茨城県自然博物館)
講演要旨集タイトルProceedings of 5th Workshop on Asian Zoo and Wildlife Medicine/Conservation 2011. Pp.40. (Kathmandu)
講演要旨集記載ページ40
発刊年月2011.1
業績種別学会講演
課題(1)G 森林の生物多様性の保全と評価・管理・利用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020140039
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat