Estimation of maintaining genetic diversity based on comparison between mtDNA and nDNA : small mammal as a model species(mtDNAとnDNAの比較に基づいた遺伝的多様性の維持機構の推定−小型哺乳類:エゾヤチネズミをモデルとして−)

Estimation of maintaining genetic diversity based on comparison between mtDNA and nDNA : small mammal as a model species(mtDNAとnDNAの比較に基づいた遺伝的多様性の維持機構の推定−小型哺乳類:エゾヤチネズミをモデルとして−)

年度2011
業績番号2011624839
研究機関名森林総合研究所
タイトルEstimation of maintaining genetic diversity based on comparison between mtDNA and nDNA : small mammal as a model species(mtDNAとnDNAの比較に基づいた遺伝的多様性の維持機構の推定−小型哺乳類:エゾヤチネズミをモデルとして−)
担当者森林総合研究所,関西支所,菅家恵未(北大)
銭谷純平(北大)
石橋靖幸
大西尚樹
Anna Pauline de Guia(北大)
河合久仁子(北大)
齊藤隆(北大)
講演要旨集タイトル日本生態学会大会講演要旨集、59
講演要旨集記載ページP1-194
発刊年月2012.3
業績種別学会講演
課題(1)G 森林の生物多様性の保全と評価・管理・利用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020140593
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat