残留性有機汚染物質 (POPs) 分解酵素遺伝子を導入したカボチャ毛状根によるヘキサクロロシクロヘキサン分解能の解析

残留性有機汚染物質 (POPs) 分解酵素遺伝子を導入したカボチャ毛状根によるヘキサクロロシクロヘキサン分解能の解析

年度2011
業績番号2011625037
研究機関名森林総合研究所
タイトル残留性有機汚染物質 (POPs) 分解酵素遺伝子を導入したカボチャ毛状根によるヘキサクロロシクロヘキサン分解能の解析
担当者森林総合研究所,森林バイオ研究センター,森林バイオ研究室,七里吉彦(生物研)
並木小百合(筑波大院)
森内良太(東北大院)
小長谷賢一
奥崎文子(生物研)
津田麻衣(生物研)
清家伸康(農環研)
大谷卓(農環研)
永田裕二(東北大院)
津田雅孝(東北大院)
田部井豊(生物研)
講演要旨集タイトル日本植物細胞分子生物学会(福岡)大会・シンポジウム講演要旨集29
講演要旨集記載ページ176
発刊年月2011.9
業績種別学会講演
課題(1)I 森林遺伝資源を活用した生物機能の解明と利用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020140791
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat