完全養殖時代におけるQTL情報を利用した水産育種の現状と未来

完全養殖時代におけるQTL情報を利用した水産育種の現状と未来

年度2011
業績番号2011625575
研究機関名水産総合研究センター
タイトル完全養殖時代におけるQTL情報を利用した水産育種の現状と未来
担当者水産総合研究センター,増養殖研究所,養殖技術部,育種グループ,尾崎照遵
講演要旨集タイトル動物ゲノム解析と新たな家畜育種戦略 QTL研究とその発展
講演要旨集記載ページ43-53
発刊年月2011.11
学会名等第17回動物遺伝育種シンポジウム
講演日2011.11.20
講演要旨集の有無
業績種別学会講演
課題(1)(イ)優良形質種苗の作出及び安定生産技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020141329
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat