海洋環境変動がカタクチイワシ資源量変動に及ぼす影響の解明への取り組み−日本海のカタクチイワシ春季産卵群の重要餌生物,カイアシ類の分布密度と水温の関係.

海洋環境変動がカタクチイワシ資源量変動に及ぼす影響の解明への取り組み−日本海のカタクチイワシ春季産卵群の重要餌生物,カイアシ類の分布密度と水温の関係.

年度2011
業績番号2011710532
研究機関名水産総合研究センター
標題海洋環境変動がカタクチイワシ資源量変動に及ぼす影響の解明への取り組み−日本海のカタクチイワシ春季産卵群の重要餌生物,カイアシ類の分布密度と水温の関係.
担当者水産総合研究センター,日本海区水産研究所,資源環境部,生物生産グループ,森本晴之
自由記載日本海リサーチ&トピックス
業績種別その他
課題(1)(ア)社会・経済的視点及び生態系機能・生物多様性を考慮した漁業・資源管理手法の開発
(2)(イ)海洋生態系の把握と資源変動要因の解明
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020142885
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat