A comparison of two blue-dyed bait types for reducing incidental catch of seabirds in the experimental operations of the Japanese southern bluefin tuna longline

A comparison of two blue-dyed bait types for reducing incidental catch of seabirds in the experimental operations of the Japanese southern bluefin tuna longline

年度2011
業績番号2011710550
研究機関名水産総合研究センター
標題A comparison of two blue-dyed bait types for reducing incidental catch of seabirds in the experimental operations of the Japanese southern bluefin tuna longline
担当者水産総合研究センター,遠洋水産研究所,かつお・まぐろ資源部,混獲生物グループ,越智大介
自由記載中西部大平洋まぐろ類委員会・第7回科学委員会
業績種別その他
課題(1)(ア)社会・経済的視点及び生態系機能・生物多様性を考慮した漁業・資源管理手法の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020142903
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat