ミズクラゲの発生機構と食物連鎖構造、特に微小動物プランクトンの役割農林水産技術会議プロジェクト研究環境変動に伴う海洋生物大発生の予測・制御技術の開発「クラゲ類の大発生予測・制御技術の開発」平成21年度研究成果報告書

ミズクラゲの発生機構と食物連鎖構造、特に微小動物プランクトンの役割農林水産技術会議プロジェクト研究環境変動に伴う海洋生物大発生の予測・制御技術の開発「クラゲ類の大発生予測・制御技術の開発」平成21年度研究成果報告書

年度2011
業績番号2011710886
研究機関名水産総合研究センター
標題ミズクラゲの発生機構と食物連鎖構造、特に微小動物プランクトンの役割農林水産技術会議プロジェクト研究環境変動に伴う海洋生物大発生の予測・制御技術の開発「クラゲ類の大発生予測・制御技術の開発」平成21年度研究成果報告書
担当者水産総合研究センター,東北区水産研究所,業務推進部,神山孝史
自由記載農林水産技術会議委託プロジェクト研究「環境変動に伴う海洋生物大発生の予測・制御技術の開発:クラゲ類の大発生予測・制御技術の開発」平成23年度研究成果報告書
業績種別その他
課題(1)(オ)赤潮プランクトン等有害生物の影響評価・発生予測・被害軽減技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020143239
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat