ヒツジを用いた動物介在イベントが参加者の唾液アミラーゼ活性に及ぼす影響

ヒツジを用いた動物介在イベントが参加者の唾液アミラーゼ活性に及ぼす影響

年度2011
業績番号2011211120321
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
タイトルヒツジを用いた動物介在イベントが参加者の唾液アミラーゼ活性に及ぼす影響
著者(独)農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,畜産飼料作研究領域,押部明徳
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,生産基盤研究領域,農業経営グループ,磯島昭代
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,畜産飼料作研究領域,飼料グループ,河本英憲
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,北農研,水田作研究領域,澁谷美紀
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,畜産飼料作研究領域,畜産グループ,福重直輝
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,畜産飼料作研究領域,飼料グループ,出口新
業績種別発表論文
発表誌日本畜産学会報,82(4),391-395,2011.11
課題(1)寒冷積雪地帯での土地資源と自給飼料を活用した肉用牛飼養技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020144414
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat