Economic effects of using sexed semen in Japanese dairy herds

Economic effects of using sexed semen in Japanese dairy herds

年度2011
業績番号2011211120337
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
タイトルEconomic effects of using sexed semen in Japanese dairy herds
著者(独)農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,家畜育種繁殖研究領域,佐々木修
(社)家畜改良事業団,木村博久
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,家畜育種繁殖研究領域,石井和雄
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,家畜育種繁殖研究領域,佐藤正寛
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,北農研,酪農研究領域,長嶺 慶隆
(社)家畜改良事業団,横内圀生
業績種別発表論文
発表誌Animal Science Journal,82,486-493,2011.6
課題(1)繁殖性及び生涯生産性等に対する効率的な家畜育種技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020144430
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat