Effect of a single intrauterine administration of recombinant bovine interferon-t on day 7 of the estrous cycle on the luteal phase length and blood profile in dairy cows.

Effect of a single intrauterine administration of recombinant bovine interferon-t on day 7 of the estrous cycle on the luteal phase length and blood profile in dairy cows.

年度2011
業績番号2011211120349
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
タイトルEffect of a single intrauterine administration of recombinant bovine interferon-t on day 7 of the estrous cycle on the luteal phase length and blood profile in dairy cows.
著者岩手大学,松原仁子
岩手大学,大澤健司
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,家畜育種繁殖研究領域,下司雅也
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,家畜育種繁殖研究領域,高橋ひとみ
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,動衛研,病態研究領域,犬丸茂樹
退職,横溝祐一
帯広畜産大学,三宅陽一
業績種別発表論文
発表誌Research in Veterinary Science,online,2011.6
課題(1)受精・妊娠機構の解明と調節による雌牛の繁殖性向上技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020144442
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat