Extensive Chromosome Homoeology among Brassiceae Species Were Revealed by Comparative Genetic Mapping with High-Density EST-Based SNP Markers in Radish (Raphanus sativus L.)

Extensive Chromosome Homoeology among Brassiceae Species Were Revealed by Comparative Genetic Mapping with High-Density EST-Based SNP Markers in Radish (Raphanus sativus L.)

年度2011
業績番号2011211120529
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
タイトルExtensive Chromosome Homoeology among Brassiceae Species Were Revealed by Comparative Genetic Mapping with High-Density EST-Based SNP Markers in Radish (Raphanus sativus L.)
著者東北大学,李鋒
東北大学,長谷川陽一
東北大学,齋藤雅子
東北大学,白澤沙知子
東北大学,福島亜紀
東北大学,伊藤豊彰
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,果樹研,カンキツ研究領域,藤井浩
東北大学,岸谷幸枝
東北大学,北柴大泰
東北大学,西尾剛
業績種別発表論文
発表誌DNA Research,18(5),401-411,2011.10
課題(1)果樹におけるDNAマーカー育種のための高度基盤技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020144622
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat