飼料用米,大麦,製茶加工残さの混合給与とその粉砕粒度の違いが暑熱環境下の肥育豚の肉質に及ぼす影響

飼料用米,大麦,製茶加工残さの混合給与とその粉砕粒度の違いが暑熱環境下の肥育豚の肉質に及ぼす影響

年度2011
業績番号2011211120949
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
タイトル飼料用米,大麦,製茶加工残さの混合給与とその粉砕粒度の違いが暑熱環境下の肥育豚の肉質に及ぼす影響
著者佐賀県畜試,脇屋裕一郎
佐賀県畜試,大曲秀明
佐賀県畜試,山口妃鶴
佐賀県畜試,河原弘文
佐賀県茶試,宮崎秀雄
佐賀県茶試,明石真幸
佐賀県畜試,永渕成樹
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,畜産草地研究領域,松本光史
業績種別発表論文
発表誌日本養豚学会誌,49,1-13,2012.3
課題(1)畜産由来の温室効果ガス制御技術の高度化と家畜生産の温暖化適応技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020145042
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat