九州に発生するイネ縞葉枯ウイルス(RSV)は中国東部に発生するRSVと強い類縁関係がある

九州に発生するイネ縞葉枯ウイルス(RSV)は中国東部に発生するRSVと強い類縁関係がある

年度2011
業績番号2011211120965
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
タイトル九州に発生するイネ縞葉枯ウイルス(RSV)は中国東部に発生するRSVと強い類縁関係がある
著者(独)農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,生産環境研究領域,酒井淳一
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,生産環境研究領域,大貫正俊
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,生産環境研究領域,松倉啓一郎
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,生産環境研究領域,大塚彰
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,生産環境研究領域,真田幸代
中国江蘇省科学院植物保護研究所,周益軍
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,生産環境研究領域,松村正哉
業績種別発表論文
発表誌九州病害虫研究会報,57,7-13,2011.11
課題(1)暖地多発型の侵入・新規発生病害虫の発生予察・管理技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020145058
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat