Difference in mass concentration of airborne dust during circular sawing of five wood-based materials(丸鋸切削時に発生する吸入性粉じんの質量濃度に及ぼす被削材種類の影響)

Difference in mass concentration of airborne dust during circular sawing of five wood-based materials(丸鋸切削時に発生する吸入性粉じんの質量濃度に及ぼす被削材種類の影響)

年度2011
業績番号2011246468
研究機関名森林総合研究所
タイトルDifference in mass concentration of airborne dust during circular sawing of five wood-based materials(丸鋸切削時に発生する吸入性粉じんの質量濃度に及ぼす被削材種類の影響)
著者森林総合研究所,加工技術研究領域,木材機械加工研究室,Kiyohiko Fujimoto(藤本清彦)
Tsutomu Takano(高野勉)
Shogo Okumura(奥村正悟
京都大学)
業績種別発表論文
発表誌Journal of Wood Science、57(2):149-154,1435-0211,2011.4
課題(1)C 木材の需要拡大に向けた利用促進に係る技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020146384
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat