Origin of Callosciurus erythraeus introduced into the Uto Peninsula, Kumamoto, Japan, Inferred from Mitochondrial DNA Analysis(熊本県宇土半島に導入されたクリハラリスの起源)

Origin of Callosciurus erythraeus introduced into the Uto Peninsula, Kumamoto, Japan, Inferred from Mitochondrial DNA Analysis(熊本県宇土半島に導入されたクリハラリスの起源)

年度2011
業績番号2011246596
研究機関名森林総合研究所
タイトルOrigin of Callosciurus erythraeus introduced into the Uto Peninsula, Kumamoto, Japan, Inferred from Mitochondrial DNA Analysis(熊本県宇土半島に導入されたクリハラリスの起源)
著者森林総合研究所,九州支所,森林動物研究グループ,Ikeda H.(帯広畜産大)
Yasuda M.(安田雅俊)
Sakanashi M.(熊本県文化企画課)
Oshida T.(帯広畜産大)
業績種別発表論文
発表誌Mammal Study、36:61-65,1343-4152,2011.4
課題(1)G 森林の生物多様性の保全と評価・管理・利用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020146512
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat