多収で病害抵抗性が優れる道央以南向けあずき新品種「十育155号」

多収で病害抵抗性が優れる道央以南向けあずき新品種「十育155号」

年度2010
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部十勝農業試験場
発表業績多収で病害抵抗性が優れる道央以南向けあずき新品種「十育155号」
発表(発明)者所属豆類グループ
発表(発明)者氏名田澤暁子,佐藤仁,島田尚典,青山聡,藤田正平,村田吉平
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号平成21年度研究成果情報.北海道農業試験研究推進会議,p.58-59,2010
業績種別発表業績
発表誌平成21年度研究成果情報.北海道農業試験研究推進会議,p.58-59,2010
課題(1)道央・道南向けの良質多収耐病性小豆品種の開発強化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020147215
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat