斑点米発生程度評価試料はいかにサンプリングするべきか?

斑点米発生程度評価試料はいかにサンプリングするべきか?

年度2010
研究機関名地方独立行政法人青森県産業技術センター農林総合研究所
発表業績斑点米発生程度評価試料はいかにサンプリングするべきか?
発表(発明)者所属病虫部
発表(発明)者氏名市田忠夫
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号斑点米カメムシ研究のいま.−新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業「斑点米カメムシ発生予察技術の高度化と斑点米被害抑制技術の開発」成果選−.36-51
業績種別発表業績
発表誌斑点米カメムシ研究のいま.−新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業「斑点米カメムシ発生予察技術の高度化と斑点米被害抑制技術の開発」成果選−.36-51
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020147896
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat