Phytoextraction by Rice Capable of Accumulating Cd at High Levels:Reduction of Cd Content of Rice Grain 第1報 除草剤の違いが浄化植物のカドミウム吸収量に及ぼす影響

Phytoextraction by Rice Capable of Accumulating Cd at High Levels:Reduction of Cd Content of Rice Grain 第1報 除草剤の違いが浄化植物のカドミウム吸収量に及ぼす影響

年度2010
研究機関名山形県農業総合研究センター
発表業績Phytoextraction by Rice Capable of Accumulating Cd at High Levels:Reduction of Cd Content of Rice Grain 第1報 除草剤の違いが浄化植物のカドミウム吸収量に及ぼす影響
発表(発明)者所属食の安全環境部 ※1農業環境技術研究所 ※2神戸大学大学院 ※3秋田県農業試験場
発表(発明)者氏名村上政治※1 中川文彦 阿江教治※2 伊藤正志※3荒尾知人※1
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY VOL.43(2009)
業績種別発表業績
発表誌ENVIRONMENTAL SCIENCE & TECHNOLOGY VOL.43(2009)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020148360
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat