長野県における新たな葉いもちの発生予察法の開発およびその普及状況と効果

長野県における新たな葉いもちの発生予察法の開発およびその普及状況と効果

年度2010
研究機関名長野県農業試験場
発表業績長野県における新たな葉いもちの発生予察法の開発およびその普及状況と効果
発表(発明)者所属環境部
発表(発明)者氏名和田美佐ら
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号植物防疫64,5-8,2010年1月
業績種別発表業績
発表誌植物防疫64,5-8,2010年1月
課題(1)普通作物の病害虫に関する素材開発研究 (1)主要作物における病害虫の発生生態解明と防除技術1)ムギ類赤かび病の発生生態と感染条件及び効率的防除法の検討
(2)普通作物の病害虫に関する素材開発研究 (1)主要作物における病害虫の発生生態解明と防除技術2)化学合成農薬によらない食品等を用いた種子伝染性・土壌伝染性病害の防除技術の開発
(3)普通作物の病害虫に関する素材開発研究 (1)主要作物における病害虫の発生生態解明と防除技術3)斑点米カメムシの発生生態解明と効率的防除法の検討
(4)普通作物の病害虫に関する素材開発研究 (2)水田環境保全のための総合病害虫管理技術1)いもち病の感染予測を利用した農薬使用量削減技術の確立
(5)普通作物の病害虫に関する素材開発研究 (2)水田環境保全のための総合病害虫管理技術2)殺虫剤が水田の天敵等に及ぼす影響の解明
(6)普通作物の病害虫に関する素材開発研究 (2)水田環境保全のための総合病害虫管理技術3)土壌改良資材による割れ籾発生抑制技術の開発
(7)普通作物の病害虫に関する素材開発研究 (2)水田環境保全のための総合病害虫管理技術4)大豆散播によるイネミズゾウムシ被害軽減技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020149794
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat