超臨界抽出法を活かした残留農薬迅速分析技術の現状と展望

超臨界抽出法を活かした残留農薬迅速分析技術の現状と展望

年度2010
研究機関名宮崎県総合農業試験場
発表業績超臨界抽出法を活かした残留農薬迅速分析技術の現状と展望
発表(発明)者所属生産流通部
発表(発明)者氏名安藤孝
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号第62回日本生物工学会講演要旨集P230
業績種別発表業績
発表誌第62回日本生物工学会講演要旨集P230
課題(1)機能性成分に着目した品種選抜と県特産農産物の未知成分の解明
(2)農産物安全・安心日本一推進事業
(3)機能性分析を活かした販売戦略構築事業
(4)機能性成分分析体制維持確立事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020152420
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat