ブナ帯森林再生のための実証的研究

ブナ帯森林再生のための実証的研究

年度2011
研究機関名神奈川県自然環境保全センター
発表業績ブナ帯森林再生のための実証的研究
発表(発明)者所属継H19〜
発表(発明)者氏名研究連携課
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号丹沢のブナ、モミ等の天然林分布域の1/3に相当する地域でブナが枯損し、現在でも拡大進行している深刻な状況にある。原因はこれまでの研究でオゾンによる障害、水分ストレス、ブナハバチの過度の摂食による複合要因と考えられている。 そうした衰退機構の解明の一方で、枯損地域において森林再生の実証的な研究が求められている。 ブナ帯の森林再生を実証試験する過程で再生方法と再生技術を確立する。
業績種別発表業績
発表誌丹沢のブナ、モミ等の天然林分布域の1/3に相当する地域でブナが枯損し、現在でも拡大進行している深刻な状況にある。原因はこれまでの研究でオゾンによる障害、水分ストレス、ブナハバチの過度の摂食による複合要因と考えられている。 そうした衰退機構の解明の一方で、枯損地域において森林再生の実証的な研究が求められている。 ブナ帯の森林再生を実証試験する過程で再生方法と再生技術を確立する。
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020156679
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat