牧草(ペレニアルライグラス)の新品種開発 1 放牧用品種の育成

牧草(ペレニアルライグラス)の新品種開発 1 放牧用品種の育成

年度2011
研究機関名山梨県酪農試験場
発表業績牧草(ペレニアルライグラス)の新品種開発 1 放牧用品種の育成
発表(発明)者所属新H23〜H25
発表(発明)者氏名草地環境科
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号(1) 系統適応性および特性検定試験
、本州における八ヶ岳T-26号とT-27号の利用2年目の年間乾物収量は全ての試験地で標準品種のヤツカゼ2を上回った。季節別乾物収量でも、夏季と秋季の収量は全ての試験地でヤツカゼ2を上回り、T-26号とT-27号の越夏性はヤツカゼ2よりも優れると考えられた。北海道においても、2番草以降の乾物収量は標準品種のチニタを上回った。
、一方、T-26号の耐寒性はヤツカゼ2並、T-27号の耐寒性はヤツカゼ2よりやや劣った。冠さび病抵抗性は、T-26号、T-27号ともヤツカゼ2よりやや劣った。

、(2) 採種性および形質・特性調査
、八ヶ岳T-26号の採種量はヤツカゼ2とほぼ同等で、T-27号の採種量はヤツカゼ2よりもやや多かったが有意差はなかった。また、形質・特性では出穂期や穂の形態、秋の草勢などで他のペレニアルライグラス品種と有意差が見られた。
業績種別発表業績
発表誌(1) 系統適応性および特性検定試験
、本州における八ヶ岳T-26号とT-27号の利用2年目の年間乾物収量は全ての試験地で標準品種のヤツカゼ2を上回った。季節別乾物収量でも、夏季と秋季の収量は全ての試験地でヤツカゼ2を上回り、T-26号とT-27号の越夏性はヤツカゼ2よりも優れると考えられた。北海道においても、2番草以降の乾物収量は標準品種のチニタを上回った。
、一方、T-26号の耐寒性はヤツカゼ2並、T-27号の耐寒性はヤツカゼ2よりやや劣った。冠さび病抵抗性は、T-26号、T-27号ともヤツカゼ2よりやや劣った。

、(2) 採種性および形質・特性調査
、八ヶ岳T-26号の採種量はヤツカゼ2とほぼ同等で、T-27号の採種量はヤツカゼ2よりもやや多かったが有意差はなかった。また、形質・特性では出穂期や穂の形態、秋の草勢などで他のペレニアルライグラス品種と有意差が見られた。
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020157265
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat