Southern rice black streaked dwarf virus (SRBSDV)感染イネにおける各種病徴の出現時期および推移

Southern rice black streaked dwarf virus (SRBSDV)感染イネにおける各種病徴の出現時期および推移

年度2012
研究機関名熊本県農業研究センター
発表業績Southern rice black streaked dwarf virus (SRBSDV)感染イネにおける各種病徴の出現時期および推移
発表(発明)者所属生産環境研究所
、病害虫研究室
発表(発明)者氏名江口幸栄子・樋口聡志・森山美穂・行徳裕
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号九州病害虫研究会報,58,P121,2012.11
業績種別発表業績
発表誌九州病害虫研究会報,58,P121,2012.11
課題(1)セジロウンカが媒介する新発生ウイルス病の被害解明と防除対策
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020165827
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat