メルボルン会議における国際植物命名規約改正のインパクトと,特に59条の変更により「二重命名法」が廃止され「1菌種1学名」となることに伴う現実的な考察

メルボルン会議における国際植物命名規約改正のインパクトと,特に59条の変更により「二重命名法」が廃止され「1菌種1学名」となることに伴う現実的な考察

年度2012
業績番号2012692831
研究機関名農業生物資源研究所
タイトルメルボルン会議における国際植物命名規約改正のインパクトと,特に59条の変更により「二重命名法」が廃止され「1菌種1学名」となることに伴う現実的な考察
担当者青木孝之
講演要旨集タイトル日本菌学会第56回大会講演要旨集
講演要旨集記載ページ20
発刊年月2012.5
学会名等日本菌学会
講演日2012.5.25
業績種別学会講演
課題(1)(1)農業生物遺伝資源の充実と活用の強化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020166558
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat