酸素充填解凍技術の開発:凍結まぐろの肉質改善効果

酸素充填解凍技術の開発:凍結まぐろの肉質改善効果

年度2013
業績番号201310109604
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2012-2013
成果名酸素充填解凍技術の開発:凍結まぐろの肉質改善効果
担当者独立行政法人水産総合研究センター,中央水産研究所,水産物応用開発研究センター ,安全性評価グループ,今村伸太朗
独立行政法人水産総合研究センター,中央水産研究所,水産物応用開発研究センター,応用技術開発グループ,鈴木道子
独立行政法人水産総合研究センター,中央水産研究所,水産物応用開発研究センター,応用技術開発グループ,大村裕治
独立行政法人水産総合研究センター,中央水産研究所,水産物応用開発研究センター,金庭正樹
業績種別普及に移しうる成果
課題(1)(ア)水産物の安全と消費者の信頼を確保する技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020174494
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat