Gender equality in the Japanese Forest Society -The first decade What has improved and where is there still need for improvement? (日本森林学会における男女共同参画の10年−何が改善され、何が課題として残されているか−)

Gender equality in the Japanese Forest Society -The first decade What has improved and where is there still need for improvement? (日本森林学会における男女共同参画の10年−何が改善され、何が課題として残されているか−)

年度2013
業績番号20136107665
研究機関名森林総合研究所
タイトルGender equality in the Japanese Forest Society -The first decade
What has improved and where is there still need for improvement?
(日本森林学会における男女共同参画の10年−何が改善され、何が課題として残されているか−)
担当者森林総合研究所,林業経営・政策研究領域,林業動向解析研究質,Ryoko Ishizaki, Yuko Ota, Motoe Miyamoto, and Hitomi Furusawa(石崎涼子・太田祐子・宮本基杖・古澤仁美)
講演要旨集タイトルProceeding IUFRO3.08&6.08 Joint Conference in Fukuoka、PS06
発刊年月2013.9
業績種別学会講演
課題(1)B 国産材の安定供給のための新たな素材生産技術及び林業経営システムの開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020174597
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat