Biogenic Volatile Organic Compound Emissions from Japanese Oak in a Cool-Temperate Deciduous Broad-Leaved Forest(冷温帯落葉広葉樹林の国内ナラ類からの生物起源揮発性有機化合物放出)

Biogenic Volatile Organic Compound Emissions from Japanese Oak in a Cool-Temperate Deciduous Broad-Leaved Forest(冷温帯落葉広葉樹林の国内ナラ類からの生物起源揮発性有機化合物放出)

年度2013
業績番号20136108015
研究機関名森林総合研究所
タイトルBiogenic Volatile Organic Compound Emissions from Japanese Oak in a Cool-Temperate Deciduous Broad-Leaved Forest(冷温帯落葉広葉樹林の国内ナラ類からの生物起源揮発性有機化合物放出)
担当者森林総合研究所,気象環境研究領域,気象研究室,Motonori Okumura(奥村智憲、京都大学), Mai Kamakura(鎌倉麻衣、京都大学), Hiroyuki Muraoka(村岡裕由、岐阜大学), Yoshiko Kosugi(小杉緑子、京都大学), Takafumi Miyama(深山貴文), Kenji Tsuruta(鶴田健二、京都大学), Susumu Tohno(東野達、京都大学)
講演要旨集タイトルProceedings of Synthesis Workshop on the Carbon Budget and Forest Ecosystem in the Asian Monitoring Network、72
発刊年月2013.10
業績種別学会講演
課題(1)G 森林の生物多様性の保全と評価・管理・利用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020174947
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat