How climate change will affect on the distribution of cold-adapted bird, ptarmigan? (寒冷地適応型の鳥類ライチョウは温暖化にどのような影響を受けるのか?)

How climate change will affect on the distribution of cold-adapted bird, ptarmigan? (寒冷地適応型の鳥類ライチョウは温暖化にどのような影響を受けるのか?)

年度2013
業績番号20137109324
研究機関名森林総合研究所
標題How climate change will affect on the distribution of cold-adapted bird, ptarmigan? (寒冷地適応型の鳥類ライチョウは温暖化にどのような影響を受けるのか?)
担当者森林総合研究所 北海道支所 森林育成研究グループ Tsuyama I. (津山幾太郎) Hotta M. (堀田昌伸,長野県環境保全研), Nakao K. (中尾勝洋,植物生態研究領域), Ozeki M. (尾関雅章,長野県環境保全研), Higa M. (比嘉基紀, 高知大), Kominami Y. (小南祐志), Matsui T. (松井哲哉), Yasuda M. (安田正次,植物生態研究領域), Tanaka, N.(田中信行)
自由記載Workshop on qualitative assessment of climate change impact on natural vegetation in East Asia including Korea and Japan. Seoul, Korea.(韓国生物多様性観測ネットワークワークショップ)、口頭発表
業績種別その他
課題(1)E 森林への温暖化影響評価の高度化と適応及び緩和技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020177117
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat