カットフルーツの利用形態の特徴と類型化

カットフルーツの利用形態の特徴と類型化

年度2013
業績番号20132103631
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
タイトルカットフルーツの利用形態の特徴と類型化
著者(独)農業・食品産業技術総合研究機構,本部,連携普及部,連携広報センター,山本淳子
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,中央研,農業経営研究領域,大浦裕二
特別研究員等,小野史
筑波大学,本田亜利紗
業績種別発表論文
発表誌関東東海農業経営研究,104,97-102,2014.2
課題(1)消費者ニーズの高度分析手法及び農業と食品産業の連携関係の評価・構築方法の開発
(2)タイトル無し
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020179691
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat