Three new species of Pristionchus (Nematoda: Diplogastridae) show morphological divergence through evolutionary intermediates of a novel feeding polymorphism. (3種の Pristionchus 属線虫の記載と形態的多様性)

Three new species of Pristionchus (Nematoda: Diplogastridae) show morphological divergence through evolutionary intermediates of a novel feeding polymorphism. (3種の Pristionchus 属線虫の記載と形態的多様性)

年度2013
業績番号20132104888
研究機関名森林総合研究所
タイトルThree new species of Pristionchus (Nematoda: Diplogastridae) show morphological divergence through evolutionary intermediates of a novel feeding polymorphism.
(3種の Pristionchus 属線虫の記載と形態的多様性)
著者森林総合研究所,森林微生物研究領域,森林病理研究室,Ragsdale, E.J. (マックスプランク研究所), Kanzaki, N. (神崎菜摘)*, Roseler, W. (マックスプランク研究所), Herrmann, M. (マックスプランク研究所) & Sommer, R.J. (マックスプランク研究所)

業績種別発表論文
発表誌Zoological Journal of the Linnean Society 168: 671-698.,2013.7
課題(1)G 森林の生物多様性の保全と評価・管理・利用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020180508
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat