Landscape Heterogeneity?Biodiversity Relationship:Effect of Range Size(景観異質性と生物多様性の関係:種の分布範囲の影響)

Landscape Heterogeneity?Biodiversity Relationship:Effect of Range Size(景観異質性と生物多様性の関係:種の分布範囲の影響)

年度2013
業績番号20132105063
研究機関名森林総合研究所
タイトルLandscape Heterogeneity?Biodiversity Relationship:Effect of Range Size(景観異質性と生物多様性の関係:種の分布範囲の影響)
著者森林総合研究所,森林植生研究領域,群落動態研究室,Katayama Naoki(片山直樹、農業環境技術研究所)、Amano Tatsuya(天野達也、ケン ブリッジ大学)、Naoe Shoji(直江将司)、Yamakita Takehisa(山北剛久、海洋開発研究機構)、Komatsu Isamu(小松功武、東京大学)、Takagawa Shin-ichi(高川晋一、)、Sato Naoto(佐藤直人、生物多様性センター)、Ueta Mutsuyuki(植田睦之、バードリサーチ)、Miyashita Tadashi(宮下直、東京大学)

業績種別発表論文
発表誌Plos One、9:e93359,1932-6203,2014.3
課題(1)G 森林の生物多様性の保全と評価・管理・利用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020180683
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat