Root orientation can affect detection accuracy of ground-penetrating radar(樹木根の伸長方向が樹木根レーダ検出値に与える影 響の評価)

Root orientation can affect detection accuracy of ground-penetrating radar(樹木根の伸長方向が樹木根レーダ検出値に与える影 響の評価)

年度2013
業績番号20132105199
研究機関名森林総合研究所
タイトルRoot orientation can affect detection accuracy of ground-penetrating radar(樹木根の伸長方向が樹木根レーダ検出値に与える影 響の評価)
著者森林総合研究所,関西支所,森林環境研究グループ,Toko Tanikawa(谷川東子)、Yasuhiro Hirano (平野恭弘、名古屋大)、Masako Dannoura(檀浦正子、京都大)、Keitaro Yamase(山瀬敬太郎、兵庫県森林センター)、Kenji Aono(青野健治 KANOS), Masahiro Ishii(石井政広 KANOS), Teturo Igarashi(五十嵐哲郎、KANOS)、Hidetoshi Ikeno(池野英利、兵庫県立大), Yoichi Kanazawa(金澤洋一、神戸大)
業績種別発表論文
発表誌Plant and Soil 373、317?327,0032-079X,2013.11
課題(1)F 気候変動に対応した水資源保全と山地災害防止技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020180819
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat