インドネシア林業公社による住民共同森林管理制度における住民組織への支援体制-マディウン営林署の事例におけるフィールド・ファシリテーターの役割-

インドネシア林業公社による住民共同森林管理制度における住民組織への支援体制-マディウン営林署の事例におけるフィールド・ファシリテーターの役割-

年度2013
業績番号20132105244
研究機関名森林総合研究所
タイトルインドネシア林業公社による住民共同森林管理制度における住民組織への支援体制-マディウン営林署の事例におけるフィールド・ファシリテーターの役割-
著者森林総合研究所,九州支所,森林資源管理研究グループ,横田康裕、原田一宏(兵庫県立大)、ロフマン(ガジャマダ大学)、シルビ・ヌル・オクタリナ(ガジャマダ大学)、ウィヨノ(ガジャマダ大学)
業績種別発表論文
発表誌林業経済、66(10):2-19,0388-8614,2014.1
課題(1)E 森林への温暖化影響評価の高度化と適応及び緩和技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020180864
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat