高温登熟した水稲種子の発芽特性と浸漬処理が発芽に及ぼす影響.

高温登熟した水稲種子の発芽特性と浸漬処理が発芽に及ぼす影響.

年度2013
研究機関名長野県農業試験場
発表業績高温登熟した水稲種子の発芽特性と浸漬処理が発芽に及ぼす影響.
発表(発明)者所属作物部
発表(発明)者氏名酒井長雄ら
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号北陸作物学会報.49(別),2,2013.7 
業績種別発表業績
発表誌北陸作物学会報.49(別),2,2013.7 
課題(1)水稲・麦・大豆等普通作物の栽培に関する素材開発研究
、3.気象変動に対する障害回避のための総合技術の確立
、(2)高温登熟した種子の発芽生理の解明

(2)タイトル無し
(3)水稲への影響評価と新品種・新技術の開発
、1.高温条件が及ぼす水稲への影響評価と原因の解明
、(2)高温条件が種子発芽勢低下に及ぼす影響評価と対策技術の開発高温条件が玄米品質低下に及ぼす影響評価と原因の解明
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020184127
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat