Bird responses to plantation intensity indicate comparable benefits of land sparing and sharing(林分レベルでの人工林の集約度に対する鳥の反応から示唆された、土地の占有と共有の類似の便益)

Bird responses to plantation intensity indicate comparable benefits of land sparing and sharing(林分レベルでの人工林の集約度に対する鳥の反応から示唆された、土地の占有と共有の類似の便益)

年度2014
業績番号20146124586
研究機関名森林総合研究所
タイトルBird responses to plantation intensity indicate comparable benefits of land sparing and sharing(林分レベルでの人工林の集約度に対する鳥の反応から示唆された、土地の占有と共有の類似の便益)
担当者森林総合研究所,森林植生研究領域,群落動態研究室,YOSHII Chiaki(吉井千晶・北海道大学)、YAMAURA Yuichi(山浦悠一)、SOGA Masashi(曽我昌史・北海道大学)、SHIBUYA Masato(澁谷正人・北海道大学)、NAKAMURA Futoshi(中村太士・北海道大学)
講演要旨集タイトル国際鳥学会発表講演要旨集、p03-004
発刊年月2014.9
業績種別学会講演
課題(1)G 森林の生物多様性の保全と評価・管理・利用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020189855
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat