塩化ナトリウムがクロマツ-Cenococcum geophilum菌根共生系に及ぼす影響

塩化ナトリウムがクロマツ-Cenococcum geophilum菌根共生系に及ぼす影響

年度2014
業績番号20146125340
研究機関名森林総合研究所
協力分担関係IMARPE
タイトル塩化ナトリウムがクロマツ-Cenococcum geophilum菌根共生系に及ぼす影響
担当者森林総合研究所,関西支所,森林環境研究グループ,山川舞(三重大)、小長谷啓介(University of Florida Department of Plant Pathology)、谷川東子、松田陽介(三重大)
講演要旨集タイトル第126回日本森林学会大会、185
発刊年月2015.3
業績種別学会講演
課題(1)G 森林の生物多様性の保全と評価・管理・利用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020190609
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat