トマトのオランダ品種は日本品種に比べカルシウム吸収・移行活性が高い

トマトのオランダ品種は日本品種に比べカルシウム吸収・移行活性が高い

年度2014
業績番号20142121131
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
タイトルトマトのオランダ品種は日本品種に比べカルシウム吸収・移行活性が高い
著者(独)農業・食品産業技術総合研究機構,野茶研,野菜生産技術研究領域,施設野菜生産技術研究グループ,中野明正
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,野茶研,野菜生産技術研究領域,施設野菜生産技術研究グループ,安東赫
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,野茶研,(つくば),東出忠桐
業績種別発表論文
発表誌野菜茶業研究所研究報告,14,57-63,2015.3
課題(1)高生産性と低環境負荷を両立させる施設野菜生産技術の体系化
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020195154
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat