樹冠サイズを指標とした保全上重要な森林域の抽出手法の開発: 北限域ブナ二次林への適用

樹冠サイズを指標とした保全上重要な森林域の抽出手法の開発: 北限域ブナ二次林への適用

年度2014
業績番号20142122289
研究機関名森林総合研究所
タイトル樹冠サイズを指標とした保全上重要な森林域の抽出手法の開発: 北限域ブナ二次林への適用
著者森林総合研究所,遺伝資源部,特性評価研究室,松本斉(東京大学)、石井潤(東京大学)、大谷雅人、鷲谷いづみ(東京大学)
業績種別発表論文
発表誌保全生態学研究、19:67-77,1342-4327,2014.5
課題(1)I 森林遺伝資源を活用した生物機能の解明と利用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020196312
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat