Application of snow specific surface area measurement using an optical method based on near-infrared reflectance around 900-nm wavelength to wet snow zones in Japan(近赤外領域の反射率にもとづいた積雪比表面積測定の日本の湿雪地域への適用)

Application of snow specific surface area measurement using an optical method based on near-infrared reflectance around 900-nm wavelength to wet snow zones in Japan(近赤外領域の反射率にもとづいた積雪比表面積測定の日本の湿雪地域への適用)

年度2014
業績番号20142122405
研究機関名森林総合研究所
タイトルApplication of snow specific surface area measurement using an optical method based on near-infrared reflectance around 900-nm wavelength to wet snow zones in Japan(近赤外領域の反射率にもとづいた積雪比表面積測定の日本の湿雪地域への適用)
著者森林総合研究所,気象環境研究領域,十日町試験地,YAMAGUCHI Satoru(山口悟・防災科学技術研究所)、MOTOYOSHI Hiroki(本吉弘岐・防災科学技術研究所)、TANIKAWA Tomonori(谷川朋範・宇宙航空研究開発機構)、AOKI Teruo(青木輝夫・気象研究所)、NIWANO Masashi(庭野匡思・気象研究所)、TAKEUCHI Yukari(竹内由香里)、ENDO Yasoichi(遠藤八十一・元森林総研職員)
業績種別発表論文
発表誌Bulletin of Glaciological Research(日本雪氷学会)、32:55-64,1345-3807,2014.8
課題(1)F 気候変動に対応した水資源保全と山地災害防止技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020196428
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat