The occurrence of stomatal patchiness and its spatial scale in leaves from various sizes of trees distributed in a South-East Asian tropical rainforest in Peninsular Malaysia.(東南アジアマレー半島熱帯林に分布する様々なサイズ樹木個体の葉における、気孔パッチネスの存在)

The occurrence of stomatal patchiness and its spatial scale in leaves from various sizes of trees distributed in a South-East Asian tropical rainforest in Peninsular Malaysia.(東南アジアマレー半島熱帯林に分布する様々なサイズ樹木個体の葉における、気孔パッチネスの存在)

年度2014
業績番号20142122520
研究機関名森林総合研究所
タイトルThe occurrence of stomatal patchiness and its spatial scale in leaves from various sizes of trees distributed in a South-East Asian tropical rainforest in Peninsular Malaysia.(東南アジアマレー半島熱帯林に分布する様々なサイズ樹木個体の葉における、気孔パッチネスの存在)
著者森林総合研究所,気象環境研究領域,気象研究室,KAMAKURA Mai(鎌倉真衣・京大PD)、KOSUGI Yoshiko(小杉緑子・京大教授)、TAKANASHI Satoru(高梨聡)、UEMURA Akira(上村章)、UTSUGI Hajime(宇都木玄)
業績種別発表論文
発表誌Tree Physiology、35:61-70,0829-318x,2015.1
課題(1)D 新規需要の獲得に向けた木質バイオマスの総合利用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020196543
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat