施業方法の違いによる人工林における土砂流出量の変化

施業方法の違いによる人工林における土砂流出量の変化

年度2014
業績番号20142122545
研究機関名森林総合研究所
タイトル施業方法の違いによる人工林における土砂流出量の変化
著者森林総合研究所,四国支所,森林生態系変動研究グループ,渡辺靖崇(高知大学)、鈴木保志(高知大学)、後藤純一(高知大学)、酒井寿夫
業績種別発表論文
発表誌森林利用学会誌、29(3):1-8,1342-3134,2014.8
課題(1)B 国産材の安定供給のための新たな素材生産技術及び林業経営システムの開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020196568
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat