Tricholoma matsutake Y1 strain associated with Pinus densiflora shows a gradient of in vitro ectomycorrhizal specificity with Pinaceae and oak hosts(マツタケがマツ科及びナラと異なる外生菌根共生形態をとる実験的証拠)

Tricholoma matsutake Y1 strain associated with Pinus densiflora shows a gradient of in vitro ectomycorrhizal specificity with Pinaceae and oak hosts(マツタケがマツ科及びナラと異なる外生菌根共生形態をとる実験的証拠)

年度2014
業績番号20142122592
研究機関名森林総合研究所
タイトルTricholoma matsutake Y1 strain associated with Pinus densiflora shows a gradient of in vitro ectomycorrhizal specificity with Pinaceae and oak hosts(マツタケがマツ科及びナラと異なる外生菌根共生形態をとる実験的証拠)
著者森林総合研究所,きのこ・微生物研究領域,きのこ研究室,YAMADA Akiyoshi(山田明義・信州大学)、ENDO Naoki(遠藤直樹・信州大学)、MURATA Hitoshi(村田仁)、OHTA Akira(太田明・滋賀県森林センター)、FUKUDA Masaki(福田雅樹・信州大学)
業績種別発表論文
発表誌Mycoscience、55:27-34,1340-3540,2014.1
課題(1)I 森林遺伝資源を活用した生物機能の解明と利用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020196615
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat