Effects of population size,forest fragmentation,and urbanization on seed production and gene flow in an endangered maple (Acer miyabei)(クロビイタヤにおいて集団の大きさ、森林の断片化、都市化が種子生産と遺伝子流動に与える効果)

Effects of population size,forest fragmentation,and urbanization on seed production and gene flow in an endangered maple (Acer miyabei)(クロビイタヤにおいて集団の大きさ、森林の断片化、都市化が種子生産と遺伝子流動に与える効果)

年度2014
業績番号20142122655
研究機関名森林総合研究所
タイトルEffects of population size,forest fragmentation,and urbanization on seed production and gene flow in an endangered maple (Acer miyabei)(クロビイタヤにおいて集団の大きさ、森林の断片化、都市化が種子生産と遺伝子流動に与える効果)
著者森林総合研究所,森林遺伝研究領域,生態遺伝研究室,NAGAMITSU Teruyoshi(永光輝義)、KIKUCHI Satoshi(菊地賢)、HOTTA Mayuko(堀田万由子・北海道大学)、TANAKA Kenta(田中健太・筑波大学)、HIURA Tsutomu(日浦勉・北海道大学)
業績種別発表論文
発表誌American Midland Naturalist、172:303-316,0003-0031,2014.10
課題(1)I 森林遺伝資源を活用した生物機能の解明と利用技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020196678
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat