蜂不要、着果促進不要で省力化.

蜂不要、着果促進不要で省力化.

年度2014
研究機関名地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部道南農業試験場
発表業績蜂不要、着果促進不要で省力化.
発表(発明)者所属研究部・地域技術グループ
発表(発明)者氏名植野玲一郎、細淵幸雄.
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号日本農業新聞企画特集・夏秋取りトマト特集.p.21(2014.12.4)
業績種別発表業績
発表誌日本農業新聞企画特集・夏秋取りトマト特集.p.21(2014.12.4)
課題(1)マルハナバチおよびホルモン処理が不要な単為結果性トマトの栽培技術開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020197315
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat