コギクにおける接木接種法の違いがキク矮化ウイロイドの検出時期および部位に及ぼす影響

コギクにおける接木接種法の違いがキク矮化ウイロイドの検出時期および部位に及ぼす影響

年度2015
研究機関名茨城県農業総合センター生物工学研究所
発表業績コギクにおける接木接種法の違いがキク矮化ウイロイドの検出時期および部位に及ぼす影響
発表(発明)者所属果樹・花き育種研究室
発表(発明)者氏名喜多晃一、平井弓子、石井亮二、松下陽介
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号園芸学研究.第15号(別1).p446.2016
業績種別発表業績
発表誌園芸学研究.第15号(別1).p446.2016
課題(1)キク矮化ウイロイド抵抗性コギク品種の選抜技術の開発および系統育成
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020205601
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat