樹冠最下部の全摘果がモモ‘さきがけはくとう’の果肉の粉質化、果実品質及び収量に及ぼす影響 

樹冠最下部の全摘果がモモ‘さきがけはくとう’の果肉の粉質化、果実品質及び収量に及ぼす影響 

年度2016
研究機関名岡山県農林水産総合センター農業研究所
発表業績樹冠最下部の全摘果がモモ‘さきがけはくとう’の果肉の粉質化、果実品質及び収量に及ぼす影響 
発表(発明)者所属果樹研究室
発表(発明)者氏名荒木有朋・樋野友之・大浦明子・藤井雄一郎  
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号園芸学会中四国支部.55:23(講要),2016年7月 
業績種別発表業績
発表誌園芸学会中四国支部.55:23(講要),2016年7月 
課題(1)モモの育種効率を向上させるDNAマーカーによる選抜技術の確立
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020213896
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat