走行型超音波照射装置を用いたイチゴうどんこ病発病抑制効果

走行型超音波照射装置を用いたイチゴうどんこ病発病抑制効果

年度2018
研究機関名滋賀県農業技術振興センター
発表業績走行型超音波照射装置を用いたイチゴうどんこ病発病抑制効果
発表(発明)者所属環境研究部
発表(発明)者氏名柴田隆豊・有元倫子・下川陽一・小幡善也・ 豊岡幸二・江波義成・後藤昭広・吉田隆延・川上大地・有江力
発表誌,巻(号),掲載頁(最初の頁~最終の頁),発行年月/出願年月日,出願番号平成30年度日本植物病理学会 2019年3月(つくば市) 講演要旨集:   .
業績種別発表業績
発表誌平成30年度日本植物病理学会 2019年3月(つくば市) 講演要旨集:   .
課題(1)「環境こだわり農業」の深化を支える水稲減農薬防除技術の確立
(2)超音波を活用した植物病害防除技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020224787
収録データベース研究業績データベース

研究業績アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat