アブラナ科野菜の連作障害発生機構の解明と防止技術の確立ならびに現地実証(241)

アブラナ科野菜の連作障害発生機構の解明と防止技術の確立ならびに現地実証(241)

課題番号1991010361
研究機関名農業研究センター(農研センタ)
他機関委託:長野野菜花き試;農環研【高橋正輝;赤沼礼一;中村伴蔵;横水時哉;大谷英夫;藤森基弘】
研究期間完S57〜S63
年度1991
研究問題高生産性地域営農技術システムの確立
大課題耕地の効率的管理運営利用システムの確立
中課題連作障害の総合防止技術の開発
小課題アブラナ科野菜の連作障害発生機構の解明と防止技術の確立ならびに現地実証(241)
研究分担プロチーム・プロ2
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030013812
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat